グループウェアの施設予約に関して

グループウェアの重要な新しい機能に関して、施設予約という機能があります。


この機能に関しては、ミーティングや会議を行う場合に、今までのグループウェアの考え方ですと、参加する人や関係する人に対して会議を開催するという事を知らせる役割がありました。

それが、会議室という部屋に対しても予約をするという事ができるようになりました。

グループウェア情報サイトを利用しましょう。

これにより、今までは出張先での会議を行う場合には事前に現地の会議室を管理している人に会議室を調整する必要がありました。

それが、出張前の事務所から事前に会議室の予約をする事ができるようになります。

また、新幹線にて移動している場合でも、スマートフォンにて自社の会議室を予約する事ができるようになりました。

NAVERまとめの相談ならココです。

これはグループウェアにて色々なプロジェクトを自社にて運用している場合に、どのプロジェクトの人がどの会議室で会議をしているかが解りますので会社の施設が有効に利用されているかが解ります。

また、施設予約は会議室以外に利用しているケースがあります。

それは、社用車の利用ですこれは、ホワイトカラーの人だけが利用するケースもありますが、他にも有効な利用方法があります。


例えば、工事現場の現場車両に対しても利用できます。

これにより、本社の車庫から一つの工事現場の往復をしているだけでなく、車庫から複数の現場に廻っていくという新しい考え方の施設の有効利用も考えられるようになりました。これはリアルタイムで施設の利用状況が解るのがすばらしい事です。